XM Trading 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報

XM Trading評判・口コミ – 投資マネーまとめ速報は、海外FX業者「XM Trading」の評判・口コミに関する2chまとめと、FXや株などの投資、経済、お金儲け系情報の2chまとめサイトです。

「 月別アーカイブ:2016年12月 」 一覧

投資競馬やってるけど質問ある?

競馬
1: 以下、VIPがお送りします 2016/12/19(月) 05:27:47.003 ID:9Z4FWlpL0
答えるよ

【投資競馬やってるけど質問ある?】の続きを読む

【芸能】松居一代、豪邸“3億円”報道にクレーム「キャッシュで4・5億よ!」 投資で50億大儲け

豪邸
1: ニライカナイφ ★@ 2016/12/15(木) 23:26:04.91 ID:CAP_USER9
◆松居一代 豪邸3億報道にクレーム「4・5億よ!」 投資で50億大儲け

女優・松井一代(59)が15日、TBS系「櫻井・有吉のTHE夜会」に出演。
都内の自宅が4・5億円の豪邸で、キャッシュで購入したこと、投資で約50億円儲けたことを明かした。

松居は11月10日放送の同番組に出演した際、自宅が「3億円」と伝えられたことに、クレーム。

放送翌日にプロデューサーに直接電話し、「絶対に訂正してほしいことがある」と訴えたという。

それを受けて放送されたこの日の番組では、バイきんぐの小峠英二がリポーターになり、松居の豪邸を訪問。

3億円と放送されたことに「いてもたってもいられないくらい、ミステイク」と指摘し、「3(億円)じゃないの!間違ってるわよ」と3億円報道を否定。

「4・5(億円)よ!これ(3億円)だったら、土地も買えないわよ!」と、豪邸の金額を安く見積もられたことへの怒りをまじえ、訂正した。

自宅にはトランプ氏の写真が飾ってあり、一部スポーツ紙で、これまでにトランプ氏がらみの投資で“100億円大儲け”と、報じられていたことを質問されると、「それはね、話がデカすぎ!」と、ひとまず100億円報道を否定。

それでも小峠から「半分くらい?」と聞かれると、満面の笑みで「ガッチリ!」と否定せず。

「ガッチリいっちゃいました!」とガッツポーズで、約50億円を投資で儲けたことを明かした。

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

デイリースポーツ 2016/12/15(木) 23:08
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000103-dal-ent>

【【芸能】松居一代、豪邸“3億円”報道にクレーム「キャッシュで4・5億よ!」 投資で50億大儲け】の続きを読む

金持ちほどダイナースを持つ理由は?

ダイナース
1: 名無しさん@ご利用は計画的に 2016/04/26(火) 19:57:23.31 ID:KeEAT/ah
なぜなんだ?

【金持ちほどダイナースを持つ理由は?】の続きを読む

【マネー】忘年会で忙しい人はお金持ちになりにくい

 bounen
1: 海江田三郎 ★ 2016/12/16(金) 22:28:36.33 ID:CAP_USER
http://president.jp/articles/-/20894

「今日は官房長官いる?」
人脈ほど頼りになるものはない、と考えるビジネスマンは多いはずだ。これから忘年会や新年会、賀詞交換会などで人脈作りに励む人も多いだろう。それを否定はしない。かくいう私も、電通勤務時代からセブンシーズ社長時代の人脈がなければ、今日このような富裕層ビジネスをやっているとは思わないからだ。


しかしながら「人脈を頼りにするビジネスほど頼りにならないものはない、という考え方も一方で正しい」という意見をどう思うだろうか。私の場合、「むしろ情報も人脈も量より質なのではないだろうか」と、会社の経営を始めたあたりから強く意識するようになった。

それが確信に変わった転換点がある。泣く子も黙る、あるお金持ちが当社を訪問した際の一言だ 。「今日は官房長官いる? いないんだ。じゃあね」。帰社後スタッフに話を聞いた私は「大袈裟だなあ」と思ったものの、幸か不幸か官房長官役に指名されていることを知って少し嬉しさを感じたものだ。

人脈の広さが「邪魔」になる
(中略)

さて、話を本論に戻そう。一般的な政治家に政策秘書が、大企業の社長には秘書がいるように、富裕層にも官房長官のような役割を果たす人がいる。その昔は金庫番と言われたこともあっただろうし(実際ホンダ創業者は通帳とハンコをまさに金庫番に預けていたとの話もある)、「じい」と娘さんがよぶ、イギリスのバトラーのような役割、日本語でいうと番頭さんというのがしっくりくるが、そのような人が必ずいるのだ。

その番頭さんは雇い主である富裕層個人よりも広範なネットワークを持っている。しかもそれを雇い主はよく知っている。だから彼だけにある相談をし、彼がさまざまな情報源から解決策を見つけて、雇い主に選択肢をいくつか情報提供する。その間雇い主は人づきあいに妙に悩むこともなく、意思決定に向かう自分自身を整えるために自分の時間を使っている。つまり富裕層は「1:n」の関係を特に求めてはおらず、「1:1:n」の構造で十分だ、と本質的に考えているのだ。

都市伝説のような話として「富裕層は友達が少ない」という話があるが、これは間違っている。「1:1:nの構造で十分だと考えている」が正しいのだ。「富裕層へのアプローチはとても難しい」という話や「富裕層向け会員制ビジネスがうまくいかない」というような類の話はほぼすべて、この傾向を読み取れていないことに起因する。不適切な表現かもしれないが、お金持ちは、無用な人脈はなくてもいいと思っているのだ。本当の人脈は1人でいいと思っているとさえ言えるくらいなのだ。年齢が若いうちはまだしも、年をとればとるほどこの傾向は強固なものになっていく、というのが私の偽らざる実感だ。

(続きはサイトで)

【【マネー】忘年会で忙しい人はお金持ちになりにくい】の続きを読む

FXで勝つために大事なことは?

  2016/12/18    FX 2chまとめ ,

FX
2: Trader@Live! 2016/12/17(土) 03:08:23.47
レバの計算を覚えることが先決

【FXで勝つために大事なことは?】の続きを読む