XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報

XM評判・口コミ – 投資マネーまとめ速報は、海外FX業者「XM」の評判・口コミに関する2chまとめと、FXや株などの投資、経済、お金儲け系情報の2chまとめサイトです。

「 ビットコイン 」 一覧

【経済】EU、ビットコイン規制検討する必要 資金洗浄のリスク存在=オーストリア中銀総裁

規制
1: シャチ ★ 2017/12/12(火) 03:04:11.82 ID:CAP_USER9
12/12(火) 2:01配信 ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000001-reut-bus_all
[ウィーン 11日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中央銀行総裁は11日、仮想通貨ビットコインについて、資金洗浄に利用されるリスクがあることなどから欧州連合(EU)は規制対象とすることを検討する必要があるとの考えを示した。

ビットコインを巡っては、取引が過熱していることでバブル発生の懸念が高まるなか、中央銀行関係者の間ではビットコイン市場が急落した場合、規制対象としていなかったことについて責任を問われるのではないかとの懸念も出ている。

ノボトニー総裁は記者会見で「規模を踏まえると、規制が必要かどうか、また必要な場合はどのような形の規制が必要になるのか、討議する必要性は当然増している」とし、「特に、資金洗浄を巡る規制がどの程度適用されるべきか討議する必要がある」と述べた。

同総裁は、ビットコインの規制問題はECBではなくむしろ欧州連合(EU)の懸案となるとしながらも、小規模な金融機関でさえもが資金洗浄については厳格な規制の対象となっているなかで、より規模が大きいビットコインが規制対象とならないことは理に適わないと指摘。ただ、伝統的な通貨と比べ仮想通貨の市場はまだ比較的小さいため、現在の金融システムに対する脅威となる問題ではないとの考えも示した。

また、具体的な統計はないものの、オーストリアはビットコインを売買する企業にとり魅力的になっているようにみえるとも指摘。ドイツと比べ規制が緩やかで簡素化されているためこうした企業の免許取得がオーストリアにシフトしている可能性があるとし、「最終的には欧州全体で対処する必要がある」との考えを示した。

【【経済】EU、ビットコイン規制検討する必要 資金洗浄のリスク存在=オーストリア中銀総裁】の続きを読む

【ブロックチェーン】銀行・郵便・電話番号…登録情報の共有実験へ

 brockchain
1: 孤高の旅人 ★ 2017/11/16(木) 15:44:01.19 ID:CAP_USER9
銀行・郵便・電話番号…登録情報の共有実験へ 2017年11月16日 07時23分 http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20171115-OYT1T50139.html?from=ytop_ylist

 みずほ銀行、日本郵便、NTT東日本の3社は総務省と共同で、「ブロックチェーン」と呼ばれる新たな情報技術(IT)を使った情報共有の実験を来年2月にも始める。

 住所や電話番号など登録情報の変更を1か所に届け出ると、すべての社で反映される。引っ越しなどの手続きが便利になりそうだ。  現在、引っ越しの際などには、銀行口座やネットの契約などで、顧客は各企業に登録されている住所や電話番号の変更を、それぞれ個別の企業に連絡する必要がある。  3社と総務省は、専用のサイトに新しい情報を登録すれば、3社の登録情報が自動的に更新される仕組みを作る。本人確認には、マイナンバーカードを活用する。実験で安全性が確認されれば、幅広い企業が活用できるようになる見通しだ。 (ここまで323文字 / 残り529文字)

【【ブロックチェーン】銀行・郵便・電話番号…登録情報の共有実験へ】の続きを読む

未だにビットコインが良くわかってない奴おるかー?

ビットコイン
1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/04(月)00:35:56 ID:6EZ
ワイが3レス以内に超絶わかり易く説明したるで

【未だにビットコインが良くわかってない奴おるかー?】の続きを読む

ビットコインさん、しっかり200万円になってしまう

 bitcoin
1: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 07:05:28.46 ID:F3gjxEVrp
昨日下で損切りした人かわいそう

【ビットコインさん、しっかり200万円になってしまう】の続きを読む

【国際】ベネズエラ仮想通貨導入へ 高インフレや外貨不足受け

 venezera
1: ノチラ ★ 2017/12/04(月) 13:45:45.06 ID:CAP_USER
激しいインフレや外貨不足、米国による経済制裁に苦しむ南米ベネズエラのマドゥロ大統領は3日、仮想通貨「ペトロ」を導入する方針を発表した。自国通貨ボリバルの下落が止まらない中で、仮想通貨「ビットコイン」のベネズエラ版を想定しているとみられるが、詳細は不明で実現性を疑問視する声もある。

 現地からの報道によると、マドゥロ氏は国営テレビで米国による「経済封鎖」を克服するため「ベネズエラの金や石油、天然ガスなどの天然資源に保証された、新たな国際的資金調達の形を目指す」と述べた。将来的に現実の通貨の廃止や、石油取引をペトロで実施することも検討するとしている。

 国際通貨基金(IMF)の予測では、ベネズエラの今年のインフレ率は650%を超える。主要な収入源である石油の国際価格下落で外貨不足に陥り、最近は国債などの債務不履行が危ぶまれている。 http://www.sankei.com/world/news/171204/wor1712040017-n1.html

【【国際】ベネズエラ仮想通貨導入へ 高インフレや外貨不足受け】の続きを読む