マネー系2chまとめ, 経済まとめ

 アップル
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/28(月) 13:28:33.59 ID:CAP_USER
29日に予定されている米アップルの2018年10~12月期決算発表を控え、投資家達はさらなる悪材料に身構えている。スマートフォン(スマホ)「iPhone」は、18年末に突然表面化した販売不振が19年いっぱい続く可能性があると多くのアナリストが警鐘を鳴らしている。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は1月初め、10~12月期(第1四半期)の売上高を前年同期比5%減少すると下方修正した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2019/1/28 13:04 日本経済新聞 電子版 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40551660Y9A120C1000000/

経済まとめ

消費税
1: RITZ Party ★ 2019/01/28(月) 14:38:40.72 ID:zSDUkYJ19
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000091-kyodonews-pol

安倍晋三首相は28日午後、衆院本会議で施政方針演説を行った。厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題を「国民の皆さまにおわび申し上げる」と陳謝。消費税率10%への引き上げを10月に断行する方針を明言し、全世代型社会保障制度を実現するために「安定的な財源がどうしても必要だ」として、国民に理解と協力を求める。戦後外交の総決算を掲げ、1956年の日ソ共同宣言に基づくロシアとの平和条約締結交渉を「加速していく」と意欲を示す。

 2012年の第2次安倍政権発足後、施政方針演説は7回目。

マネー系2chまとめ, 経済まとめ

 株
1: ムヒタ ★ 2019/01/24(木) 08:27:09.67 ID:CAP_USER
KDDIは、東証1部上場のカブドットコム証券に出資する方向で調整に入った。出資額は最大1000億円規模に達する可能性がある。出資比率は5割弱になる見通し。KDDIはネット証券への出資によって、金融サービスの収益源化を急ぐ。金融とテクノロジーが融合した「フィンテック」で、膨大な顧客基盤を持つ大手通信やIT(情報技術)企業が主導権を握る構図が鮮明になってきた。

カブドットコム証券はネット証券で国内5…
2019/1/24 8:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40389900T20C19A1MM0000/

マネー系2chまとめ, 経済まとめ

 日立
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/25(金) 15:56:05.76 ID:CAP_USER
日立製作所は25日、風力発電機の生産から撤退すると発表した。提携する独大手エネルコンからの調達を拡大し、自社は風力発電所の保守運営や蓄電池と組み合わせた次世代サービスなどに注力する。風力を含む再生可能エネルギー事業は今後も注力し、2018年度見通しで800億円の売上高を大幅に拡大する計画だ。

風力発電機は埠頭工場(茨城県日立市)で発電容量200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2019/1/25 12:48 (2019/1/25 13:19更新) 日本経済新聞 電子版 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40456070V20C19A1EAF000/

マネー系2chまとめ, 経済まとめ

 経済成長
1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/23(水) 14:57:46.53 ID:CAP_USER
→ブラックロック副会長らリセッション入り回避と予測 →IMFの世界経済見通しも同様の楽観的見方示す

スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加した投資家やバンカ-、元政策当局者は世界経済について、成長が鈍化しているが、リセッション(景気後退)入りするほどではないとみている。

  ブラックロックのフィリップ・ヒルデブランド副会長は「ペースは鈍化しているものの、なお成長している」と発言。「大きな過ちや偶然の出来事がない限り、年内のリセッション入りの確率は限定的だ」と指摘した。

  米中両国の経済が悪化して政策当局者が制御できなくなったり、米中貿易戦争が再開するのではないかとの懸念が強まる中、S&P500種株価指数が22日に1.4%下落するなど、金融市場の動揺が数カ月間続いている。さらに、英国の欧州連合(EU)離脱問題や、米政府機関閉鎖などが投資家の不安を増幅させている。

  世界経済はリセッション入りするほど悪くないとするダボス会議参加者の楽観的見方は、21日に発表された国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(WEO)でも見られた。今年の世界成長率予想は3.5%と、2016年以来の低い伸びとする一方で、米中両国の19年の成長率見通しは据え置き、20年の世界経済成長率は若干加速すると予測した。

  IMFのラガルド専務理事は「結論を言えば、世界経済は2年間力強い成長を続けた後、予想以上に鈍化し、リスクが高まっている」とし、「これは世界的なリセッションが迫っていることを意味しているだろうか。答えは『ノー』だ」と語った。

  JPモルガン・チェース・インターナショナルのジェイコブ・フレンケル副会長は「私はこれを成長鈍化とも呼ぶつもりはない」と発言。「成長鈍化の場合は必ず『何てことだ。またもやリセッションに入りそうだ』という感じがあるが、現在はそうではない」と説明した。

原題:Global Recession Not Seen in Davos Even as World Economy Slows(抜粋) https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-01-23/global-recession-not-seen-in-davos-even-as-world-economy-slows

2019年1月23日 14:36 JST Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-23/PLRN7W6TTDS301