マネー, 仮想通貨

 coin
1: ニライカナイφ ★ 2018/04/24(火) 09:50:54.97 ID:CAP_USER9
◆仮想通貨業界に新団体発足 自主規制ルール策定目指す

自主規制ルールの策定に向け、仮想通貨交換業者の業界団体が発足した。 日本仮想通貨交換業協会・奥山泰全会長は「仮想通貨のよりいっそうの発展、一般化を目指していきたい」と話した。

金融庁に登録している、仮想通貨の交換業者16社による「日本仮想通貨交換業協会」が発足し、東京都内で会見した。 コインチェックで起きた流出事件を受け、内部管理体制や、セキュリティーなどの自主規制ルールを策定し、再発防止と業界の信頼回復につなげたい考え。 協会は、金融庁から改正資金決済法に基づく、自主規制団体の認定取得を目指す。

FNNニュース 2018/04/24 00:31 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00390451.html

仮想通貨

 tigin
1: あられお菓子 ★ 2018/04/25(水) 12:23:02.02 ID:CAP_USER
DIAMOND ONLINE 2018.4.25 http://diamond.jp/articles/-/168184

3月7日に発表された個人間送金用アプリの「マネータップ」。りそな銀行など3行が実用化を進めている Photo:JIJI http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/c/8/670m/img_c86b649a3bd7eda4f1432246d43585e834575.jpg

SBIグループが主導し、3メガバンクを含む最大61行の邦銀が加盟していた「内外為替一元化コンソーシアム」。 仮想通貨「リップル」の技術を使い、安価で高速な送金プラットフォームの開発を目指すこの連合に今、 異変が起きている。

 今年3月末、千葉銀行や伊予銀行(愛媛県)、十六銀行(岐阜県)、武蔵野銀行(埼玉県)、筑波銀行(茨城県)、 オリックス銀行など11行が、連合から離脱していたことが分かったのだ。

 3月7日に個人間送金用スマートフォンアプリを発表し、今夏以降の実用化を掲げたばかりの邦銀連合。 加盟行たちは、仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」を使った送金手段が誕生し、国際送金など 高コストで時間もかかる既存のインフラを代替することに期待を寄せていたはずだ。いったい何が起こっているのか。

「加盟していても会費だけ取られて実入りがなく、意味がないから離脱を決めた」

 関東地方のある地方銀行幹部は、そう吐露する。低金利環境で業界全体が業績悪化に陥る中、 4月に会費が月額30万円から60万円に倍増したという。

 一方、連合に残った別の第二地銀幹部も「再加盟には入会金1000万円が必要だから継続を決めた」と、 連合には不満たらたら。

 だが、最大の問題は別にある。「仮想通貨は価格変動が大きく、銀行送金に使われては困る」と両幹部は口をそろえた。

(続きは記事元参照。全2ページ)

マネー, 仮想通貨

 ufj
1: あられお菓子 ★ 2018/04/23(月) 14:53:09.15 ID:CAP_USER
ロイター 2018年4月23日 / 08:17 https://jp.reuters.com/article/mitsubishiufj-mufgcoin-idJPKBN1HT117 (三菱UFJの株価推移) https://www.reuters.wallst.com/reuters/next/chart/chartsgen2?symbols=8306.T&numberOfDays=90&width=286&height=178&realtime=0&scaleFactor=2&ChartsGen2=true

[東京 23日 ロイター] – 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)が、独自に開発を進める デジタル通貨「MUFGコイン」を使った実証実験を進めている。23日からは米アマゾン・ドット・コム (AMZN.O)の認証技術を使い、レジを通さずに買い物の決済をする試みを始める。関係者が明らかにした。

今回の実証実験で得たノウハウは、MUFGコイン関連に限らず、既存の銀行業務での応用も検討する。 例えば、銀行の支店で顔認証技術を活用することでよりスムーズな接客ができるようになるなどが考えられる。

実験では社内にコンビニエンスストアを模した無人店舗を設置。アマゾンウェブサービスの画像認識技術を使い、 社員が飲料などの商品を手に取り、そのまま店を出ると自動的に本人のMUFGコインアプリに代金が 請求されているかを確認する。

アマゾンはすでに米国でレジのない店舗「アマゾンGO」をオープンしている。三菱UFJは自社でも同様の実験をし、 顔認証や機械学習の要素技術の検証を進める。

これとは別に、先週から三菱UFJの本部ビル内にある実際のコンビニエンスストアでは、MUFGコインでの支払いに 対応するレジを設けて、店舗での決済の実証実験も始めている。

MUFGコインは価値が固定されており一般的な仮想通貨とは異なる。また電子マネーとは違い、利用者間での送金が できることから両者の中間の「デジタル通貨」との位置づけだ。

ただ、キャッシュレス決済の手段としては、クレジットカードをはじめ世の中にはすでにさまざまなものが存在する。 そのため、三菱UFJはさまざまな実証実験を通じて、新しい使われ方を探している。

関連スレ 【金融】顔認証とAIで自動支払い 三菱UFJ銀、行内売店で https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524420121/