企業

 企業
1: ムヒタ ★ 2020/01/10(金) 09:05:31.22 ID:CAP_USER
去年1年間に従業員や経営者の後継が確保できないなど人手不足が原因で倒産した企業の数が、これまでで最も多くなったことが民間の調査でわかりました。

民間の信用調査会社、東京商工リサーチによりますと、去年1年間に人手不足が原因で1000万円以上の負債を抱えて法的整理などに至った企業の数は、426社でした。

これは前の年よりも39社増加し、人手不足に関連した調査を始めた2013年以降で最も多くなりました。

原因別に見ますと、社長など経営者の後継が見つからなかった事例が270件と最も多く、全体の63%を占めています。

次いで、 ▽求人を出しても人手が確保できなかった事例が78件、 ▽従業員が退職や転職をした事例が44件、 ▽人件費が高騰して収益が悪化した事例が34件となっています。

業種別に見ますと、飲食店や介護・福祉などを含む「サービス業他」と「建設業」の2つで半数近くを占め、人手の確保が難しいとされている業種の倒産が目立っています。

調査した会社は「従業員の数が少ない小規模な事業者ほど人手不足が経営に直結している。アルバイトなどの人件費は高い水準が続いていて中小企業にとってはことしも厳しい状況が続きそうだ」と話しています。 2020年1月10日 4時15分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012240671000.html

副業, 経済

闇
1: 田杉山脈 ★ 2020/01/10(金) 17:03:20.84 ID:CAP_USER
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。自己肯定感なんてゼロ
非正規労働者の「非」も、就職氷河期の「氷」も。これらの字を目にするだけで苦痛だと、ケンタさん(仮名、47歳)は言う。ただただ怒りや悲しみ、虚しさが募るのだと。

30歳を過ぎてからは、非正規雇用の仕事を転々としてきた。「努力も、自己研鑽もしました。でも、ここなら働き続けられると思ったら、雇い止め――。これの繰り返しです。(手取りで)15万円の壁が超えられない。自己肯定感なんてゼロです。自己責任というなら、お願いですから、誰か20万円稼げる方法を教えてくださいよ」。

30歳のとき、大手飲料メーカーの子会社に契約社員として入社。営業を担当し、自家用車でスーパーなどを回った。しかし、1日に何度も重いケースを上げ下ろししなければならず、椎間板ヘルニアを発症。5年足らずで雇い止めにされた。

しばらくアルバイトで食いつないだ後、別の大手飲料メーカー子会社に就職。雇用条件は「3年更新の契約社員で、3カ月空けて再契約することができる。正社員登用あり」だった。腰の調子もよく、「定年まで働き続けるつもりでした」。しかし、折あしくリーマンショックに遭遇。1回目の期間満了前に「次の更新はない」と告げられた。このとき、上司はケンタさんにこう説明したという。

「コンビニとか、タクシーとか、便利なものは高いでしょ。君たちの給料が高いのは、短期間だけど、その間にちゃんと稼いでもらうためでもあるんですよ」

最初は意味がわからなかった。しかし、後になって「お前たちは使い捨てできる便利な労働力だから、その分、高い給料を払っているんだ」という意味だと理解した。「いずれ路頭に迷うのかと思うと、仕事への意欲が失せました。給料ですか??自家用車の維持費を含めて29万円くらい。言われるほど高給じゃありません」。

そもそも、会社はケンタさんを本当に雇い続ける気があったのか。「3カ月空けての再契約」は、非正規労働者をいつでも雇い止めにできるようにしたい会社の典型的な手口だ。ましてや正社員になれた人などいるのだろうか。私がそう尋ねると、ケンタさんはこう答えた。「過去10年間で、全国の契約社員の中から1人だけ正社員になった人がいると聞いています。毎日早朝から夜遅くまで残業する、伝説の契約社員として有名な人でした」。

このときの雇い止めが原因で、ケンタさんはメンタル不調に陥ってしまう。病院で、うつ病と診断された。さらに、別の大手飲料メーカー子会社の契約社員になったが、うつ症状がぶり返し、1年もたなかったという。

食べていけるだけの給料が欲しかった
その後は大手自動車メーカー系列の販売店で、洗車を担当するパート社員になった。ここでは、まじめな仕事ぶりもあり、正社員との関係も良好だった。顧客から洗車が丁寧だと感謝されると、整備士たちは必ずそれをケンタさんの耳にも入れてくれたという。

問題は給料の低さだった。毎月の手取りは14万円ほど。年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休時に店舗が休みになると、手取りは10万円を切ることもあったという。

とても暮らしていけない――。大型連休中に数日でいいから、別の年中無休の系列店で働かせてもらえないかと、上司に直談判したが、色よい返事はもらえなかった。やむをえず、パン工場でアルバイトを始めたが、洗車は基本中腰、パン工場は常時立ちっぱなしということもあり、体がもたなかった。しんどさのあまり、アルバイトを辞めてみたら、危うくその月の家賃を滞納しかけたという。

体がボロボロになるまでダブルワークをするか、家賃を滞納してでも洗車1本でいくか――。悩んだ末、洗車の仕事を辞めて別の仕事を探すことにした。

副業, 投資

転売
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/17(火) 00:09:57.344 ID:gfUbFkPx0
しょぼい

マネー, 企業

 ホワイトハッカー
1: ムヒタ ★ 2019/12/16(月) 06:04:47.12 ID:CAP_USER
データ漏洩リスクなどIT(情報技術)システムの脆弱性を見つけた外部ハッカーに企業が報奨金を払う動きが世界で広がっている。経済のデジタル化でソフトウエアが組み込まれた製品が増え、製造業も含めて不具合への対応が喫緊の課題になっている。米グーグルが優秀なハッカーに1億6000万円超を用意するなど報奨金額は増加の傾向だ。サイバー防衛にハッカーを味方につける仕組みができつつある中、日本企業の動きは鈍い。

… 2019/12/16 2:00 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53386390V11C19A2MM8000/

マネー, 企業, 副業

 副業
1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/24(日) 12:41:20.11 ID:CAP_USER
2019年11月24日 11時00分 公開 女子と労働: 「傘を預かる仕事」「仙台で5時間過ごす仕事」 不思議な副業“隙間仕事”の話を聞いてみた (1/3) 本業と共に、副業を続ける理由って? [小林夏帆,ねとらぼ]

 空いた時間に単発で仕事に就く「スポットワーク」=隙間仕事。こうした仕事に魅せられて、仕事を趣味のように楽しんでいる女性がいます。

 近年、政府が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成するなど、副業が注目を浴びていますが、特に「変わった仕事も多い」という隙間仕事とその魅力をご本人に聞いてみました。

 インタビューを受けてくださったのは、すまきゅーさん。都内のアトリエにお邪魔してお話を伺いました。

――今日は、隙間仕事で見つけた変わった仕事について聞きたいと思っているんですが、隙間仕事、ということは本業がおありなんですよね?

 はい、衣装制作を本業にしています。猫ひろしさんや、ビッグスモールンなどの芸人さんの衣装や、ベッド・インなどのアーティストの衣装、コスプレの衣装なども制作しています。

――すごい、見たことある衣装だ……! こうした本業があるのに、さらに副業である隙間仕事をするのはなぜですか?

 隙間仕事は、本業以外のスキマ仕事でスキルを手に入れたり、知らない現場を見られたりするので、人生の中でもらえるボーナスだと思っているんです。

 あとは、昔から、社会科見学が好きで、その延長という感覚があるのかもしれないですね。だから、隙間仕事は、仕事だけど趣味というか。趣味が、変わった仕事をすること、という感じです。楽しい上にお金もらえるって最高の趣味だと思っています。

――社会科見学、私も好きだったのでちょっと分かる気がしてきました。まず、隙間仕事って、どんな仕事があるんでしょうか?

 本当にいろいろな種類の仕事があります。宮内庁の仕事もしましたよ。

――えっ? 宮内庁の仕事って、一般人もできるんですか……?

 はい、ネットで見つけましたよ。仕事は主にネットで探しています。前は、本業がそこまで忙しくなく、隙間仕事が大好きだったので、片っ端から検索していましたね。

――めちゃくちゃ意外です。他の仕事も、インターネットで探しているのですか?

 「おてづだいネットワークス」というサイトがあるのですが、以前は個人で仕事の依頼を出すことができたんです。例えば、「ヤフオクに大量のものを出品したいので手伝ってください」とか、「犬の散歩をしてください」とか。そんな中で、たまに変わった依頼が出ることがあるので、重点的にチェックしていました。

 あとは人材派遣会社にいくつか登録していて、面白そうな仕事はすぐに応募していましたね。

――こつこつ見ていると、意外と普通に変わった仕事が見つかるものなんですね……! ところで、宮内庁の仕事が気になりすぎるのですが、どのような仕事だったのでしょうか。

 はい。10年以上前に、ある人材派遣会社で宮内庁と防衛省の仕事が入ったことがあったんです。そこで、『天皇誕生日の一般参賀の設営のお仕事』という募集があって、すぐ応募したんですよ。

 天皇陛下のお言葉の後に、集まっている人が万歳! などと言ったりするじゃないですか。あんな感じで人が集まっている場所に、誘導のためのカラーコーンやテーブルを出したり、片付けるのが仕事の内容でした。今思えば、ライブの設営みたいな感じです。

 でも、宮内庁だから、管理がめちゃくちゃ厳しいんですよ。働くときに、自分の情報の他に、家族構成を伝えたりしました。仕事中の移動も分単位で決まっているので、どんなに仕事が早く終わっても、決められた場所にいなければならなかったりとか。全体的に物々しかったです。

     ===== 後略 ===== 全文は下記URLで

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/19/news133.html